1. HOME
  2. 国際唎酒師になるには
  3. 通信プログラムで取得
  4. 受講資格・受講プログラム

通信プログラムで取得

時間や場所を選ばず取得(最短3ヵ月で取得可能)

通信プログラムで取得

受講資格・受講プログラム

受講言語

英語・中国語

受験資格

受講申込時に受講者の国籍地、居住地の法令で飲酒可能な年齢に達している方

受講期間

開始月より1年間(最短3ヵ月(短縮不可))
※前月25日までの申込みが必要です。
※課題は早めにご提出いただいても、取得期間は短縮できません。

受験プログラム

プログラムは全3回です。

第1回

・Requirements for a successful kikisake-shi
・Alcoholic beverages:the basics
・Sake history

第2回

・Ingredients of sake
・How sake is made
・Sake labels

第3回

・Sake tasting
・Serving sake

※「第3回」テイスティング課題酒について
日本酒2種をご自身でご用意いただく必要があります。

■国内で受講される場合
1.日本で流通している日本酒2種をご用意ください。
2提携団体であるNPO法人FBOが管理する「FBOオンラインシステムもてなしびと」からご購入いただく事も可能です。
通信プログラム用課題酒(推奨)

■海外で受講される場合
「Recommended items」をご参考に日本酒2種をご用意ください。

受講カリキュラム

Requirements for Success as a 唎酒師
Kikisake-Shi
Alcoholic Beverages: The Basics
Sake History
Ingredients of Sake
How Sake is Made
Sake Tasting
Serving Sake
Sake Labels